感謝と誉れを刻む一日、

諸般の事情から、ここ数日の日記は極めて短文且つ、抽象的に綴っている。「そこまで考え、実践されるんですね…」と仰られる。誠に嬉しいことだが、あくまでも普通であり、対峙する「エゴ」との世界が迫っても、決して一喜一憂は皆無。なぜなら、真っ正直に向き合ってる相手が自身でなく、将来を託す未来っ子だからだ。(キッパリ) 一見すると怯みがちな状況の昨今、喜んで受け入れられる環境に感謝と誉れを刻む一日となる。BCP事業の初陣だ、な。(^_^)v

Pocket

感謝と誉れを刻む一日、” に対して1件のコメントがあります。

  1. 性癖 tendency        

    性癖 tendency        平成丁亥年睦月十日
     英会話の本に、アメリカの女性による「ロンドンっ子」についての文が載っていた。
    In the book of English conversation, there were some sentences about Londoners.
    Londoners do live up to their reputation. It takes a while to get to know people. The…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です