忘れまじ2009年

一期一会の連続だった年では、

と、自身に問いたくなりますね。(まだ年越しまで残数はありますが)

「稲は花を咲かせ実をならせても、米の精は必ず大地に還る。ゆえに、ふたたび芽が出て、また花や実を結ぶことができる」

とある通り、この2009年は、自身にとっても弊社や関与された皆さま方それぞれにとっての、人生そのものであることも、忘れまじであることは言うまでもない。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です