「わかる」ではなく『できる!』の凄さ

弊社のtanomu.jp事業は、完全にプロデュース型となるサービスを提供している。例えば、社内と社外それぞれに対処対応を行っていく上で、ある助成金(この場合は、都と国を併行する)の申請および受給を目指す。このアプローチから、人材採用活動費や広告宣伝費等々といったコストを徹底的に下げても効果的な結果を得ることができ、ひいては企業のブランド力を継続的にあげていくこととなり、賢い取り組み企業は、この展開を上手く活用される。[E:shine]

なので、補助金・助成金事業と言っても、申請代行を行うわけでもなければ、完全請負成功報酬等の委託を行うものでもない。しかし、常に、複数年も含めた年間を通し、補助金および助成金それぞれの活きた・旬な情報を吸い上げている。詳細は、まもなくプレオープンする弊社の補助金・助成金公式サイトをご覧いただく際にあらためてご紹介します。

よって、全国津々浦々の情報をくまなく吸い上げながら、担当部署に確認を取り合っては、活きたものなのか、そして、旬なものなのかをきちんと精査をしている。今回、スタッフから岐阜県の取り組みについて貴重な報告を受けるのだが、この方は、毎回センスの良い視点と報告をされるので青っちは大変楽しみにしている。[E:lovely]

スタッフの報告によれば、岐阜県は、中小企業を対象(岐阜県内)に、自社PR用のホームページ制作を希望する企業を募集されている。制作対象企業は、コンテンツ制作のための取材や打合せをした上で、無償で Web コンテンツを提供するようになる。尚、この事業は、緊急雇用創出事業臨時特例基金を活用し、Web コンテンツを通じた企業情報PRを担う人材育成を図る目的で実施とされている。

詳細を読んでいくと、やはりサイトを適宜運用していくところはさすがに難しいようだ。でも、この運用のゾーンに、弊社SEO事業   サンパティックSEOオートマチックを組み合わせての運用が可能ではないか!いや必要だろう、かならず。サービス業や商品を提供する事業主であれば、携帯サイトも必要となる。これは確認も含め、スタッフの元締めでもある齊藤さんから担当者さまに連絡を入れ、話し合ってみる価値はあると即座に思った。頼みますネ、齊藤さん@キーワードフロアマスター

緊急雇用の施策で Web制作者を育て、そこから企業の中で潜在するニーズを感知し、そのまま事業に結びつけていく。まさに、価値的展開でありプロデュース型である。こういうプロセスこそ、都や区も大いに見習っていくべきだと思う。なぜなら、企業の中にある潜在的ニーズは溢れんばかりの数があるのだから、その点と点とを結びつけていくことで、波及効果も狙える。そうなんです、中途半端が一番 タチが悪いんだから。

そう言えば、補助金・助成金等も含めた資金調達の第一人者である吉田学さん とは、旧知の間柄であり、ビジネスパートナーでもある。そんな吉田さんが今月は、1月27日(木)に、渋谷にてセミナーを開催される。既に定員に達していたらごめんなさい。タイトル名に相応しく、告知された瞬間に参加者がうまっているようです。なので後、2~3名程度ではないでしょうか!

【瞬間風速118000円を獲得した方法・・・。】
<インターネット活用集客セミナー>
http://www.mbs-con.com/seminar0127.html
・日時:平成23年1月27日(木曜日) 18時30分~21時00分
・場所:東京都渋谷区宇田川町33番6号Shibuya Flag 8F
          T’s 渋谷フラッグ 8G会議室

ご参加された方々は、即座に実践行動に移ることから、

「わかる」ではなくできる!』

とする心意気と自信、さらに結果を得られていくことでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です