大きな子どもと海舟とお味噌汁

青っち宅の朝はとにかく早い。昨年から大きな子どもが起動し始めたこともあるのだが、青っち自身が相も変わらず変則リズムであることと、海舟がドンドンと早めの目覚めとなるようで、皆さんそれぞれに朝からエンジン全開だ。今朝(正確には昨夜より)は、いつになく大きな子どもがため息モード。「憂うつだ[E:think]!憂うつだ[E:weep]!!」と。もっぱら会話の相手は海舟。「それでそれで…」「ふぅーん、そう言う人も居るってことだよ!」「気にしない気にしない」「寂しがりなんじゃない?」と、まぁーどこで身につけたのか世間話の相づちをしてる海舟。トドメは、「ひょっとして、弄られやすいんじゃーない?」とまで言い放つ。いつもなら笑い蹴散らす大きな子どもも今朝はいつになく凹んでいた。青っちも応援エールをメールにしたためる。

そんな海舟だが、直近の身体測定で、身長が「150㎝」をクリアしていることが判明。これゃー、A・・メンバーママさんが会う度に言明されていたことが現実的となってきた。「お兄ちゃん(金吾)をササッと抜くヨ!」という指摘だ。例の如く兄弟というよりもお弟子な気持ち100%の海舟なだけに、「お兄ちゃんを抜いたら申し訳ない」と、真顔で言う当たりは筋金入り。(笑)大きな子どもは、「筋肉質のお兄ちゃんだから、海舟が今の時期、仮に抜いても抜き返すよ、きっと!」と、どこまでも金吾びいきでいる大きな子どもの発言だ。まぁ、育ち盛り食べ盛りな海舟なのだろう、ご飯をペロッと食しても朝から、「お腹がすいた」と、小さな声で大きな子どもに助け船を出す。「毎度3食をきっちりと食べたら大丈夫[E:punch]」とする青っちガードをすり抜けてのこと。でも、実に好い事だよね。

ただ、何かにつけ「ラーメン」となるところは、やはり要注意!大きな子どもがもう少し元気になれば、朝と夜のメニューを改善していく必要があるな。その前に、「お味噌汁」が充実している時は、食後のラーメンとかにならない。案外、このお味噌汁をきちんと準備し食させていければ、少しは改善に繋がるかもしれない。ただ問題は、大きな子どもがそれをつくることを好まないと言う点だ。あの手この手で「お味噌汁の大切さ」を、語りかけてはいるのだが。このお味噌汁こそ、ひと手間もふた手間もかければかけるほど、美味しさがます。もちろん一品の質もあがるし何より身体にもイイとくる。

そう言えば、最近お逢いしたご夫婦の会話で「お味噌汁」が話題にあがっていたな。九州出身のご主人は、毎食ごと「煮干しだし」をとられ、つくっていく最中のアク抜きも自然に行い、最後にサラッと味噌を入れていくアクティブ派。方や東京生まれの奥さまは、毎食なんてとんでもない!あってもなくてもヘッチェラで、たまに作ったとしても「最初から味噌をぶっ込んでいく」、手間ヒマなんてかけない派。むちゃくちゃ相反する環境で育ったようで、どちらもこの点は引かなかった。(笑)

どちらがどうのとかはないものの、青っち的には、やはりご主人の気持ちは十分理解できるだけに妙な相づちはしなかった。お水イイ、お米もイイとくれば、やはり「お味噌汁」は格段に美味しい。できればちょこっとの準備で、毎食ごと「笑顔がこぼれ溢れる食卓」となるだけにオススメしたい一品=お味噌汁だね。塩分の問題もあるから、食材投入とあわせ作り手が身体へのケアも含め且つ、美味しい食になぁーれ!と思って作られていくものは、なんでも美味しいですもんね。(^O^)v

おっと、海舟の通学時間だ!今朝は幾分とあたたかさが戻った体感温度なだけに、油断大敵、前前の用心で風邪やインフルエンザにノロウイルスと無関係を今日も一日、皆さまと共々に目指すのみ。では、お出かけ時間と相成りました。行って来ます!


365日手づくりのみそ汁とスープ
しらいし やすこ
泉書房
売り上げランキング: 197387

毎日のみそ汁100
毎日のみそ汁100
posted with amazlet at 11.01.18
飛田 和緒
幻冬舎
売り上げランキング: 93560

とっても参考になります!(見るだけでも堪能できます。)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です