「やらまいか」

イラク戦争の開戦から明日で丁度「1年」、早いって気がすんだけど。 少し前に「慎太郎氏と中曽根氏」のバーでの対談を観た。 その中で、中曽根氏は、このイラクについて、「20年30年、いや50年<後>の 日本の歴史が是非の答えを持っている」という類な発言をされていた。 まぁー、その軸より、住商がどうやら国連抜きでイラク建設省から 直にクレーン車の「受注」を決めたようだ。 恐らく、この戦争後、海外企業が復興関連資材を受注するのは初めてのはず。 新聞に詳細は載るだろうが、まだ朝刊が来ない。クレーン車とくれば 「タダノ製」なのだろう。商社マンさんも頑張ってますね。 青等が出向く企業群も負けじと「やらまいかの精神」で頑張らんとね! 「アイスカフェラテですね!」「ハイ!」打ち合わせのため席に着いたお店は2回目。 しっかし高いと言うか、場所代は考慮しても納得の出来ないお味だ。 場所代も考慮に入れ、お味も良く、落ち着いた雰囲気の場所には仲々巡り会え ないなぁ。ビジネス街ではちと無理か。コーヒーとくれば、直近で「スタバ」が 自宅でエスプレッソを、と販売した週でもある。 缶コーヒーは色んな銘柄やメーカーの商品戦略で我々消費者がかなり 「仕掛けに乗ってしまっている」感を前から思っていたが、あの「伊右衛門緑茶」 売り切れって云うからコーヒー派の青は、つい調査したがる。 でも今日は缶コーヒー編で。 青は、ダイドーのポッカ(短めサイズでラベルが「濃紺」)がイッちゃん好きだ。 昔から定番って思ってたけど最近じゃ探すのに苦労する。 打ち合わせや何やらでお店に入ってもポッカ持参の時も数知れない。 (お店さん、御免なさい) 「医療」ビジネスに一寸の「穴」を開けたい、と。熱く語るパートナーである大兄は、 プレゼンが苦手と本人は云うものの、何の何の。彼がペーパーを持ち出し さらさら話しながらペンも一緒になって走るそれは、正に、アナログパワーポイントと 言っても過言ではない。 面白い展開になるって、青の直感が働いた日でもあった。 巷では、NETを上手く(青に云わせれば、巧みにだね)活用し「情報起業」って 云う枠で今後進められるチームが幅を利かせ始め、かなりの方々が参加候補 というか予備軍になるのかと思うと、正直憂鬱だ。 相反するビジネスが大兄等のビジネスだ。今日の話し合いでもう一人、 パートナーを考えている話が出、青からは、是非女性を入れて頂くように打診する。 きちんとした給料で休日もあり時間が固定でないと難しいのでは、 と顔に描いてるような気がしたが、青は必ず居ると信じている。 案外、この日記を見つめてる方からの問い合わせを期待してる青。 先行自己投資って名付けてますがね。給料や休日も無論大切なことは承知。 その前に、行ってみたい仕事が「いいジャンこれって」ものに出逢うなら面白いと思う。 この辺の巧さを活かしてるの新橋辺りの企業が上手い。 夕方、何とか次男を迎えに行くことが出来た。 今日は、担当の先生が仲々気付いてくれず、年少組の子が直感なのだろう。 先生の腕を引っ張っている仕草を観るにつけ、微笑ましい時間を頂いた。 次男は、はしゃぎながら、本日のメイン作業であった「ピカチューのぬりえ」を 自慢げに見せてきた。 彼らしい、塗り方もあったが、満面な笑みで「今日も面白かった」と描いてる顔を 真っ正面から受けとめてやると、ヒートアップ状態。 「帰るぞ」の一言で彼は彼なりに感じるんだな、と。 まもなく春休みってのに、最近、長男のテンションが下がりっぱなしだ。 彼とは、昔というか産まれた頃から「親子の関係」というヤツで 一度も接したことがない!つまり「人と人として=大人としてである」。 書くのも言うのも簡単だがかなり難しい。 如かしながら、彼からは、本当に色んな事を多く学ぶ。 そんな彼が珍しく、「学校で作文書いたから、時間があって良かったら読んで」って 差し出されたのが、今左机の上にある「てつぼうで、ちきゅう回りが、できたよ」 という題だ。 さっと読んで、もう一度読み返したら、差し出した幾つかの理由が見えた。 彼の名誉のためにも、この日記に少しアップしても良いかの「承諾」を得れば、 挙げてみたい。良く自身の心根を素直に描いている。 担任がそれに気付かないのがこの作文をもってしても納得がいかない。 まぁ、今日のところは、この日記に「凄いなぁー」って褒めてあげたい青の心根を。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です