PC選択のキモは

121 Directを薦めよう!昨日から旧知の彼が切迫した一報を聴いて。 「業務でも使っていたPCが遂に力尽きた」と。 空調設備業界に身を置きながら社長業も手懸ける彼に、PCの撃沈は 確かに痛いはず。早速、青からは、再度「セーフモードからの起動の仕方」 「使え廻りにあるCDソフトを挿入しての起動(普通はしないが)」、答えは「×」。 では、「バックアップは取ってるよね」答えは「…×」。 サブのマシンとのつなぎ合わせで何とか「データのみでも取得出来ないモノか試みる」が、 皆目だめ。 今朝早くから、ベストさん筆頭に家電店へ「電話AP」。 49,800円(セレロン仕様)と59,800円(ペン4仕様)各々3台を新宿店で確保する。 時期が悪いことも手伝って、即決では買えず、まともに購入しようとしたら 納期に時間がかかりすぎる。 思い切って「メイン機種」の購入を打診はするが、バーガーセットマシンの 魅力も捨てがたい、と恐らく云うだろう。そこで青は、今までの実体験や関わり 度合いから、各メーカーの「CS」に注力し、社長である彼に連絡を入れた。 案の定、答えが出せないでいた。「CS」度から云えば「NEC 121 Direct」「Sony Style」の選択を考え、彼の性格を鑑み「121」を薦めた。 安価であれ、「保証」が無いモノはやはり駄目、高価であっても 「適正価格(この場合は使用人の操作領域にも通じるが)」でなければ、 世間で云うところの「納得感」が得られないようだ。 さてさて、彼は、この週末に決断が出来るか、更には、「Dell」に乗り換えるか。 どうであれ、やはり「サブPC」が手元にあるか無いかでは、時間給が一番高い彼など、 計り知れない。自身も含め深く反省した。 青は、PC98からスタートしている。当時は今の現況など全く想像できずにいた。 「パソコン通信」時代だからだ。だが、「FAXモデム」を弄っては、ダイレクトに 友の結婚式やイベントなどに「祝メール」をホテル関係等に送っていた。 何と云っても「MS-DOS」。まぁ、ここまで記せば避けられないネタが幾つかあるが、 やはり今もって伝説になっている№1は、卒論時に皆が98と一太郎で範囲を決め 粛々と仕上げ、終了まであと僅かって日に、「ゴクミ命っこ」を自認していたO君が 遂にやってしまった。 皆で、集まって「フゥーフゥー」しながらコーヒーを口元に持っていき、卒論完成への 道のりを感慨深く語っていた時でもあった。O君は、「いやぁー、こう、みんなとこうし てコーヒー呑むって良いモンだね」「でもさぁ、一人で呑んじゃいけないよね」「眠気 覚ましって、あれってやっぱり寝ちゃいますよね」 「…」「…」。 青等は、何気に「何云ってんの」「上手いっしょ!コーヒーは、それに部屋に戻った ら一人っしょ」「…」「ふぅん!」ここで彼の名言が吐露、「98も良いけど、自分が使 ってるモノは、ゴクミシリーズでしょ、コーヒーカップの手元が何か力抜けちゃって、 キーボードの上に溢しちゃたんだね!」「…」。 かくして青等は、このゴクミ君仕様のPCにある資料を手分けし打ち直した。 3年前、彼の結婚式で、青は「ハーモニカ演奏」のプレゼントを贈ったついでに、 場内の方々に上記のエピソードと併せ、「こだわり派の新郎」と、挨拶を 閉めくったもんだ。 PC遍歴は、その後、色んなメーカーを渡ったが、「VAIO」の愛着期間が 功を奏し、その間この「CS」をかなりマニアックに学んだ。 今は、スペックもさることながら「安定」を求め「独自NEC製」を使い込んでいる。 近い将来、「VAIO」に戻るかサブ機とし、手に入れたい。 吾郎さん吾郎さんで始まった怖いシリーズも今日で終了。次回は特番らしい。 長男は両手を耳に、次男は、両手を耳と眼を代わる代わる伏せては、 ブラウン管の子供等と一緒に「ギャーギャー」叫びまくっていた。 後半に差しかかった頃、「全然参加してないじゃん」と、長男が指さしていた。 指の先には、ひとり缶酎ハイを片手に「メーマー(我が家では彼女の携帯メールの 姿をとってしてこう呼んでる)」に勤しんでる。 子供等からは、以前放映されていた「あなたの隣に誰かいる」の方が「怖い」。 青もそう感じた。あの番組は見方を変えれば本当に怖い話であった。 中でも「長さん」の台詞というか、喋りかたが演じてるのか、地なのか 分からないぐらい、聞き取りにくい台詞回しだった事は良く覚えている。 確か、病明けからの作品で、かなり痩せられていた。夏川さんも久し振りの 出演で青には嬉しかった。以前紹介した「サングラスの娘」は、 彼女に良く似ていたっけ。 「長さん」こと、いかりや長介さんが昨日亡くなられたとのこと。 謹んでお悔やみ申し上げます。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です