誕生日カードとか、

すくすく帰りの長男が、「Y君からの誕生日カード」を大きな子供へ手渡す。もう1年が経つのかと考え深い。昨年はと云えば、参加した友人等が、narutoのゲームで最高得点をあげ保存したまま、誰となく扱っていたら「クラッシュ」し、辺り騒然と。毎度この手の誕生会で「何かが起こる(ホラーじゃないけど)」んだよね!さてさて、今回のプレゼントはどういう作品になるのか今から楽しみでもある。何てたって長男作の漫画モノだから。(笑)

夜半、学校で行われた国語の漢字テストについて、長男と大きな子供とでガチンコが始まっていた。「…あってるのに、どうしてぇ、×なの」、「後ろをはねてないって判断したんだと思う」。

」の字のことだ!

青が途中から参戦、プリントを手にとるのだが、微妙な判定だと正直思った。(でもって、問題自体が間違ってたりして。)が、長男に、「はねること知ってたんだよね」の問いに「Yes」と。であるなら、と、国語辞典で「みる」って漢字がどのくらいの数あって、それぞれの漢字ごと使い方によって違うことを確認してごらん、きっと「ワクワク感」が出てくるからと。長男は大きな子供と一緒に、辞典を引く。

「へぇー!」っと開口一番に口火を切ったのが、大きな子供。( -_-)
辞典の引き方は知ってた長男へ、「逆引き」を教える日となった。ちなみに、「見る」という字は、青っち的にあまり使わない。観るとか視るをよく使う青。「なぜ?」っていう問いに答えると、満面な笑みにみるみる変わる長男。算数を苦手としてる彼に、国語の漢字からアプローチを試みた格好となったが、意外にハマッタようだ。(^^)v

彼は、手許にある辞典で、「今度は<とる>」っていう字を探すんだと意気込み、どっちが早くそれも多く見つけられるか競争しようとの、大きな子供からの宣戦に参加。そんな中、2人とも「食事を<摂る>」にハマッタようで、この字をマッチングできたのは何と次男!最近電車に良く乗る次男は、「日経新聞の広告(日経を<摂る>)」が目に焼き付いていたらしい。

子供の「眼」は、いつもながら学びの最前線だと。青にしてみれば、そんな彼等が、それぞれの目的に向かって、「学びたい」と欲する環境を如何に継続して提供出来うるか!これって、通常業務でも、日常生活においても一緒の事案だと思う。

いただき物の「リゲイン」を手にしたところ、蓋んとこにラベルが貼ってありサイトを確認してたら面白い企画を行ってた。早速応募を試みる。良かったらどうかと。(きちんとした企業のサイトでないと怖いですからね、最近は。)

子供さんとの気付きや少しでも「元気」になられるかと思い。_(._.)_

手にとってみたい本

~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~

「@niftyからだプラス」キャンペーン実施中!

Pocket