1000の風

貴重且つ、有難いお便りを戴く、
昨夜「千の風になって」という本を主人が買ってきて読みました。 青っちさんは、もうご存知かもしれませんが・・・感動の一冊です。 大切な人を亡くしたときのどんな言葉より慰められるのでは。 ・・・とおもいました。 一昨日の「鬼渡」のような年老いてからの友人の死に直面して 鬱状態になる感情と周りの者の愛情ある対処の仕方も 考えさせられましたが・・・
多忙な折、貴重なお便り、心から感謝申し上げます。 天声人語に掲載されていたこの記事は、青もスクラップしてお りました。 青っちからは『心に残る言葉』として、ある医師の父君が亡くな られ、柳田邦男さんが贈られた詩を紹介します。
「1000の風」 あとに残された人へ 私の墓石の前に立って 涙を流さないでください。 私はそこにいません。 眠ってなんかいません。 1000の風になって 吹き抜けていまいす。 私はダイヤモンドのように 雪の上で輝いています。 私は陽の光になって 熟した穀物にふりそそいでいます。 秋には やさしい雨になります。 朝の静けさのなかで あなたが目ざめるとき 私はすばやい流れとなって 駆けあがり 鳥たちを 空でくるくる舞わせています。 夜には星になり、 私は、そっと光っています。 どうか、その墓石の前で 泣かないでください。 私はそこにいません。 私は死んでいないのです。
また、あの「9.11」父君を失われた子が筆された良書をご紹介し ますね! 題名:青空を見上げて 9.11のテロで逝った父へ 著者:エミリー・アオヤマ テロで父を失った子息。 大好きだった父の遺志を継ぎ、今、子は平和への小さな一歩を 踏み出す。米国の消防隊が勇敢に活動されている下りで、筆を おろされますが、「テロとは正反対な勇気ある活動」に強く共感 した。 9月11日の記憶、父の思い出、大学での生活、平和への勇気 などが綴られており、『誓いを持つ生き方』を強く感じた本です。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です