どっちだ、

親子といっても、人間関係なんだよね!結局は「真心」で、「策」じゃぁーない。ココロでしか、人間のココロを動かすことはできないんだから。

ウイルスバスター 2005 インターネット セキュリティ≪無料ダウンロード実施中≫

教育事業を展開されてる某社社長さんとの会話の一コマ。

それこそ教育熱心なご婦人と話す機会に、青はよくお話しする。

「○○さんは、ご主人を立派に『したいのか』、それとも立派に『見せたいのか』、どっちでしょうか」と。

奥底のココロが、どちらにあるのか、急所でもあるんだよね。

この方程式は、子供についても全く同じ。子供は、親の見栄でも、外聞でもないんだから。「真っ当に、健やかに育って欲しい」と。不思議だろうけど、我が子をココロの底から思う愛情だけが伝わっていくんだもんなぁ。

ただ、愛情を注ぐったってぇー、ややすれば親の「独り相撲」になりがちだったり。あーだ!こーだ!云っても無視したり口ごたえしたり。でも、それで良いんだと思う。

親の言うとおりになったら、「マザコン」だもんね!それじゃぁー結局、社会では負けちゃってしまう。

自分で生き抜ける「チカラ」をつける。それに尽きるよね!話しは仲々ビジネスモードに戻らず、そのまま「親子論」を語る。

からだにいいこと「プラス」しよう。

~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~

Pocket