勢いは禁物、

近くのコンビニが、ここ数日間「全商品半額」を打ちだしていた。一旦閉店し、リニューアルをかけるからだとか。チラシや店内ポスターに書かれては、人がワンサカ入っていた。中を覗くと、チョロチョロしてる大きな子供と長男が居たり。

雑誌も含めていわゆる通常コンビニでは、「ここ一番」って時にしか購入しそうにない、1,000円超の品々ってあるけど普通は定額なうえ高いので購入しない。

意外に、全品半額と出してても、パンや牛乳、弁当等々、いつもの生活スタイルの延長した買い物を行う姿に、青っちの方が観てて拍子抜けしたりする。

本とか半額って大丈夫なんだろうかと?疑問してたら、「アッ」という間に完売。東スポまでも新聞までもがだ。アイスクリームBOXは、箱ごと目を付けてた業者が丸ごと購入してたり、一お客としては安く購入出来るので嬉しいんだが、これって、経営上本当に問題ないのかといつになくいぶし銀で店長や本部社員を見つめていた。

もう一度、『店内にあるモノは全て「全品半額」』。

青っちが、購入に踏み切ってカウンターに。連日このチラシで誰もまだ購入したいと云って来なかったらしいのだが。。。

っそ!「金権関連含む全品」をまるごと購入するという行為。すんなり購入できるわけがないと初めから思ってたし、っま、無理モトでと思っていたら、ドンドン出してくるわくるわ。(マジで○_○)

店員さんに、「本当に購入して良いんですね?!」「あとで、理由付けは云いっこなしですよ!」と。念を押す青っち。

「マイド・おおきに!」(いや、ここ大阪じゃないんだけど)

だったらと、数十万円単位をがっつりと購入させて貰うことに。が、店員さんは、全品半額の意味じゃなく、青っちの一括購入金額を目の当たりにし、驚く。(エッ!そっちに驚くか!って。)

本部の方が横に来られ、本社への電話対応など数分の沈黙が店内を駆けめぐる。これは、色好い買い物だと嬉しがっていたのだが、結果は「無理」と。

その理由が、スゴイ!

「お客様がお求めになりたい商品は、既に完売となっており、誠にご足労をお掛けし失礼いたしました。」とさ。(笑)

数秒前までには、「現物」は目の前にあったんですがね。

チラシや告知物の怖さをまざまざと体験しちゃいました。

Pocket