ディープな時間、

昨晩からディープな会談続く。必要性あるモノだが、今後は時間帯を考慮し、時間を区切って行うことにしようと。朝一で、歯科。随分と長く通っていたが、目処がついたようだ。その足で、調査と会談のため都内へ。

更に、身体をいじめるカタチとなるが、西日暮里の某社への訪問。

訪問の回数が増せば、社長ご自身のエネルギッシュな行動力が冴えわたる。また、秒々刻々という青っち論に対し、もったいないお言葉をたくさん頂戴する。

また、半日以上お邪魔した時間帯となるのだが、充実した懇談会はよい感じ!こうでなくっちゃ!!ネ。

弊社の「ビジネスの交通整理人」事業に対し、明確な「受信機」をお持ちな社長。気持ちの良いモンだね。キーワードとなった、「大人の世界」への入り方。意外に分かってるようで、とんでもないケースがワンサカあることは恐れ入る。

帰路時、目下気になって仕方がない某企業を案じては、千代田線内で思量する。最近、FP社長が着目してくださっている、「なんちゃって肯定論者」。多いのはその通りなんだが、進むべき道に対し、出来うる限りエスコートしてあげたい。(良く聴き、ココロの内面からサーチライトを照らし示してあげる行為など)

途、弊社スタッフより、某事案について連絡が入る。スタッフが珍しく憤りを隠しきれない光景は恐らく初めてだろう。決して我慢を進めたワケではないが、弊社自身が今まで以上に、核を軸に益々成長していくことが肝要であり、名実ともに「大人」であり続けることを諭す。

青っちにすれば、全部手中に鑑みれてる箇所なゆえ、全くもって平常のままだ。

っそ!『お手並み、拝見!』だ。

ただ、スタッフの名誉のためにも記しておこうと思う。ココロの七変化がどんなものか、特と拝見したいな。事実とはこの世で「ひとつしかない」ことの素晴らしさと強さを。

今BLOGは、携帯投稿を試みてみる。

一日は、本当に早い。

Pocket