ふと感じたこと!

子供が大きな声で泣き叫ぶと、親はついイライラしがち。 特に「おもちゃが欲しい」というような、自分の欲求を主張する“大泣き” には手を焼くのもです。 そんなときに、子供の耳元で「小声でささやく」と効果的といいます。 内容は何でもいい。 要は、“小さな声”で語りかけることに意味があると。 理由は“小さな声”を聞き取ろうとする集中力が働くから。 「おもちゃが欲しい」という感情でいっぱいだった心に、新しい空気が流れ込 むのだ。 ところが多くの親は、ここで逆に“大きな声”で叱ってしまう。 これでは“火に油”を注いだも同じ。 日常生活の中でも、自分では善かれと思ってやっていたことが、逆の結果を 生む場合がある。これは得てして、心に余裕がないときに起こる。ゆとりがあ れば、相手の状況もよく見え、知恵を働かそうという気も起こる。 小児科医の毛利子来(もうりたぬき)さんは、『子育ての迷い解決法10の知恵(集英社新書)』 の中で、判断に迷う時は「理屈よりも、肌で・匂いで・心で、好きこのみで、総 じて感覚を動員して判断する」事を勧めている。 子育ても、人間関係(特に対人折衝の業務執行者)も、いわゆるマニュアル が通用しないからこそ、現場で磨き抜かれた“生きた洞察力”の勝負なのだ! 自分中心ではなく、相手(お客様)のためにどれだけ“尽くせる”か、、、。 青っち「ポリシー」である、 『お客様の「為」にではなく、お客様の「立場(側)」で」“価値訴求”し、 ビジネスに関わる全ての人が幸せになる、「Win-Win-Win」の関係を目指!』 ここに現状打開のアイデアもわく。本当の喜びもこみ上げてくる。 この青っちの『わ』で、本当の喜びを享受しませんか?!
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です