忍者体操(^^)v、

快晴の中、次男が通う保育園では、元気いっぱいな園児とムービー隊との協奏な運動会が行われた。大きな子供の体調はあまり芳しくないものの、数週間前からこの日に照準を絞ってたおかげで、ムービー隊への仲間入りもめでたくOK.(笑)

年長として、保育園最後の運動会となった次男。工夫に満ちた園を飾る「国旗と似顔絵」を園のみんなとつくったんだろう、綺麗に彩られていた。彼は、シロ画用紙に一段と白くしたかったんだろう、白色クレヨンを思いのまま使い、深紅のクレヨンもまた見事に使って、日の丸を描いていた。

全体を通し、特に印象的だったプログラムは、「ばんび忍者参上」という演目を楽しい中にも練習し抜いた結果を満面な笑みで、指導された先生や、観に来てくれた方々に対し、自信に満ちた姿は「あっぱれ」と申したいよね。

また、2才園児達が、玉入れやかけっこ等の手伝いをされる微笑ましい場面に出会うと、思わず口元が緩んでしまうほど、和ましてくれた。練習の賜物だろう!

幼稚園の運動会版とは、明らかに違う面は多々あるが、色んな家庭環境の中で育まれてる子供さんを、全身で受けとめ、日頃の「保育業」に専念されてる諸先生。あらためて感謝申し上げます!

昨夜より、「大きな子供プロジェクト 第2弾」が始まる。ちなみに、今回は、青っち本人が対象というか二人三脚のカタチとなる。長続きという観点より、これを機に「学ぶ」機会を追及し抜いて欲しいモノだ。

夜半、HDD録画されてて、是非子供等に観させてあげたい番組のひとつ「覚悟 ~戦場ジャーナリスト 橋田信介物語~」を観ながら戦争について語り合う。TBS系、終戦の日スペシャル番組ととし今夏8月15日放映されたものだ。

hasidasatikohasidasatiko1「落とされた爆弾の『数』だけ、テロが生まれるんだね」と、長男談。恐らく、橋田さん等が間違えられて襲撃されてしまったことを今ドラマで知った方が大半ではないだろうか。落とした爆弾の「数」悲劇が生まれてしまうんだと、刻んでおかなければ、人間の内にある「魔群」はいつ何時とふてきに笑い飛び出てしまう。橋田さん等戦争ジャーナリストが、命を懸けて真実を伝えようとしてくれこと、幸子さんの思いが平和に繋がっていくことを切に願う。著者や今ドラマから、「自分も私も、小さなことでも良い。平和のために「何か」できたらと!思い考え、行動を促してくれたように感じてならない。

この2冊は、子供と一緒に読める作品でした。(^^)v

覚悟 戦場ジャーナリストの夫と生きた日々
橋田 幸子 (著) 価格: ¥1,365(税込)

世界の戦場で、バカとさけぶ
橋田 信介 (著), 橋田 幸子 価格:¥1,575(税込)

っで橋田信介さんと云えばこれ!団塊世代には懐かしいかと。
戦場特派員
橋田 信介 (著) 価格:¥1,890(税込)

Pocket