TOP会談、

ここ数カ月の中で一番重要な決断を促されていた。昨日今日と本当に熟慮に熟慮を重ねては、夜半、青っちの方から連絡を入れる。即座に返事を頂戴し、急遽会談。いわゆるTOP会談の運びとなる。

こちらの出来事や周辺事情から派生したトンチキチン人等の話を届けさせてもらい、きちんと真正面より受けて頂くことで、双方が向かってるベクトルが見えた。メール社会と云えども「時」と「タイミング」の壁には旧来通り素直になることだ。

今回を機に、名実ともに『一大プロジェクト』に向け、前進開始!

時に、TOP会談と言えば、明日(11日午前11時頃から)阪神電気鉄道の西川社長と、同社株の38%超を握る村上世彰氏とが、初のTOP会談を電鉄本社で行うようだ。

会談を前に、村上氏は本日の講演会先(宇部市と下関市で開催された)で、色んなキーワードをあげられていた。深夜のニュースでも各局同様の内容が放映される。次元は異なるものの、6カ国協議のような茶番劇でない、価値あるTOP会談となれるように期待したい。

現時点では、双方の友好的協議を強調されているが、青っちお奨めの「藤野英人社長日記 -上場の意味-」は、是非読まれたらと。抜群のセンスで綴られてるし何より、分かりやすい!

最近、西のほうで、海賊がゾウガメを襲っているという噂を聞いた。海賊は、特に大きく身動きのできないゾウガメをさがして料理をするのが得意だ。ゾウガメは血の巡りが悪く、神経の伝達も遅く、3分の1以上切り取られてからはじめて気がついたそうだ。そして曰く、

「わ た し が せ か い の ち ゅ う し ん だ が、 な に か ?」

海賊とゾウガメの戦いにはあまりコメントのしようがない。ゾウガメはペットに虎を飼っていたそうだが。虎がかわいそうだ。今年は特に元気がよかったのに。(引用)

このセンスは、マジでいい。(^^)v

っで、西日本高速道路(旧日本道路公団)では、先月10日に「山陽自動車道災害調査検討委員会」を設置(委員長には、山大・村田先生(教授))し、台風14号にともなった豪雨により崩壊した盛土法面の崩壊メカニズムの究明と復旧方法等について検討を行っていた。

本日、広島市内で開催された会合で、従来の「盛り土」に代えて、砕いた岩を敷き詰める「岩砕盛り土」を採用すると結論。旧公団の高速道では例のない工法で、水の浸透性や強度が飛躍的に高まると。

村田先生然り、山本先生山大工学部のご活躍は素直に嬉しい。

っまぁ!山本先生の独自路線については、今BLOG中でもしばしば紹介しているとおり。研究室HPへ、ついに禁断の手法で購買戦略に打って出たのには恐れいりました。(笑)

「防災」を親子で読める一品(一作品)です!子供さんがかなり喜びます。

bousai

防災授業僕たち自然災害を学び隊!―自然災害は、どうして起きるのかな?どうすればいいのかな?

山本 哲朗 (著) 価格:¥1,575(税込)

こちらから↓購入できます。http://tinyurl.com/bwbnk

PS、HERMES・Ginzaにて、アザップ(ヴォーエプソン オレンジ)1品が登場。所用で店舗に入って、直に見て参りました。結構使い勝手良さそうです。個人的には、開閉時に際したファスナーをもう少しがっちり目に仕様を望む青っち。でも、これは買いですね!(#^.^#)

Pocket