起業家さん等、

時計の針を確認しようと思っていたら、「おっはようございます!」と長男から次男の順に、ネットワークの再構築をN氏と共に行ってる場所へと現れる。プロ・エンジニアな氏と、朝食を共に口に入れる。問題の矛先が思わぬ方向へと。「この件については、自分が責任を持つ」と、言う氏の「決断力」「責任感」と「起業家マインド」に、心を揺さぶられた青っち。

直近で云えば、弊社および青っちの存在価値を、間近で見聞きされ、且つご理解を頂いた方はおられないような気がする。有り難いことだ。(゜_゜=

午前中の予定が大幅にズレ込む。稀に見る出入りであった感。

午後から来社予定のH氏を待ちながら、事務処理。10月お会いする予定の方々および、キャンセル待ちの方々の現況確認調査だけは行わせて貰う。お待ちいただいている方には、最大限の配慮が必然と。

その後、「大きな声」と「幸せ?(ストレス腹)」太り気味な氏が来社。先ずはお元気そうで何より何より。

弥々、起業される「方向性ボタンのスイッチ」を自らが、押された模様。大いに支援させていただこうと考えている。青っちの「セールスプロセス」における『小っちゃな Yes!』を、今後真剣に取り入れれば、思いの外、楽しく結果を出されていくだろう。(っま、あくまで本人にその気があればのことだが、、、)

当該BLOGへの建設的なご意見を賜る。ただ、青っち自身、今BLOG中において、世間で言う「テクニック」や「手法・技法」は、記さないことにしている。そのもっともたる意図は、どんなに素晴らしい手法や技法を会得しても、それを使いこなさなければ意味はナイ(本当の意味において実践編とは呼ばず)としている。弊社提供のライフプランニング・サービス)の骨骼に形成されていく箇所でもある。

っそ!「原点」を大切にしてもらいたい。

また、Webの世界を懸命の2文字で学び、『社内起業家第一号候補』となる方のニード調査を洗い出す作業に入る。社長自身もまた、自ら望んでいた「社のスタイル」という、本来あるべき姿だと再認識され今回の選択が後々、価値ある資産にと生み替えて行くことへ。

不思議な「TBS問題」だが、青っちに云わせれば、この話題が上がれば上がるほど、LD社戦略がよく(賢いよね、堀江氏は!)見える。

PS、
毎年の「10/14」。なんと言ってもこの日は、青っちの「初恋人」の誕生日!(^。^)っま、ここは観てないだろうが、今年も誕生日おめでとう!だ。今の次男の年頃からの「想い出」だけは大切にしたいなぁ。(^_^)ゞ

Pocket