恋文から、

棟内のベランダは一斉に敷き布団が干され「ホッ」とする時間をいただく。長男・次男と大きな子供は、2つの諸行事に出掛けたようだ。こんな時はサクッと部屋中の掃除をするにかぎる。よく掃除中にBGMをかけるかけないでの論議は今でもあるようだ。青っちは、イメージの音色を楽しんでる。

なにもイメージの音色と言っても、音楽だけでない。人との心地好い対話が主だ。また、小説の箇所や、ドラマの中で交わされる会話も実にいいもんだ。

ここのところ、匠なN氏の来宅が自然の日課となっている。青っちが久し振りに射止めた職人さんだけに、嬉しいし有り難い仕事を熟す感性は折紙付き。N氏が良ければいつでも弊社はWelcomeだ。(^^)v

koibumi午後から、-恋文-連城 三紀彦 (著)を、手に賑やかな声がするベランダで読む。短編小説とは云え、読む時期(読み手の心境)によって、活字から溢れてくるものが違ってくる。この作品は、後にドラマ化され今でも青っちのIE版お気に入りには、きちんと保存されてはいる。懐かしく思いながらそのタイトル「恋文」をポチッ!とクリック。小説同様に、変わらぬドラマ版が収まっていた。

koibumi-santora今でも挿入歌のサントラ盤や番組中に流れた曲が、さらりと聴けるサービスは有り難いもの。また、「今週の恋文」と、受付は当然終わってはいるものの、視聴者からの様々な「恋文」は、今尚保存されている。まさに活字の醍醐味だね。特に、青っち一押しは何と言ってもこれっしょ → Our Best Christmas Ever [Full ver]。朝も良いけど深夜ゆっくり出来る時間帯に聴きたい一品ならぬ一作品。(#^.^#)

最終回のラストシーンでは、絶妙な太陽と海の眩しさを映像化されたロケ地には是非行きたい!と、思うまま青っちの夏もまもなく遅い秋へと突入。(笑)

心地好い時間を小説ともに過ごせた日に感謝だね。

恋文    新潮文庫
連城 三紀彦 (著) 価格:¥420 (税込)

恋文~私たちが愛した男
オリジナルサウンドトラック(CCCD)TVサントラ 価格:¥2,905 (税込)

渡部篤郎さんと、水野美紀さんコンビと言えば、↓これも一押し!恋がしたい 恋がしたい 恋がしたい (DVD-BOX)
価格:¥23,940 (税込)

たんなる、恋愛ドラマでないところが、当時の高視聴率にもつながっているんだろう。ビジネスものとしても大いに愉しめる。

Pocket