本年最後のセミナー、

3部作のトリを飾るクローズドセミナーが無事故で盛況に終わる。ご参加された方々に心から新しい出逢いを「ありがとう」と申したい。渋谷駅で、会わなくてもいい輩さん等とバッタリ。この数行だけでもアップしたく、今、座卓前です。後ほど、っあ!そうそう、合い言葉は「FP社長」でしたね。どうぞ宜しくお伝え下さい。^_^

今回も主演女優を、艶やかなが抜群に似合う、G女史の真心に感謝申し上げます。筆頭女性陣としては、Uさん、Sさん、Nさん、と初参加のNさん。さとみちゃんを持ち出して毎回満面な笑みを下さるG女史は、話す側とし貴重な存在!男性陣は…(笑)。

開始前に、全国で講演中のなか、主催企業の社長さんがお越しに。共々に出会った2年と今年を振り返りながら、勿体なくも労をねぎらっていただく。呉々もお身体だけでも大切にされて下さい。

世間で言う仕事納めは、今週となっていることでエンジンは全開中。

冒頭、今夕の朝日新聞夕刊で、「3つ」の項目について談義。結構要チェックですね。

限られた時間内で、元祖「リスクヘッジ実践編」を展開するのは少々コクであったが、ご参加された方々の将来を案じ、思いっきり詰め込んでの挑戦となった。さすがに、最終月となった参加者だけに皆でっかい「花マル」の持ち主。

勤務先の利用駅がご縁のSさんからは、「塾」の件などその他ご意見を賜る。個人的には来年から、がっちりと「リスクヘッジ」を軸に、要望の多い分野を2・3取り入れて行ってみようと思う。

懐かしい方が見られれば、ポツリと。。。

「復活!」するんだ、と。

ただ、やみくもには行わないので、あくまで様子と要望とを鑑みて決断したいと考えてます。その場合、青っちの「実践編」は、やはり2時間は短すぎで難しい。

ここで登場するのが、教育分野「実践編」の公文D先生。料理や作法等、女性としての生き方「実践編」のFP社長。その他露出など何処吹く風とばかりに、我が道を探求されてるユニークな方々のご協力をいただきながら構成する月と青っち単独でのものとか、できれば「合宿」や「お国自慢のバトンリレー」とした、各県での開催を行うのがそもそも主旨に一番マッチしている。

通常のセミナーではないことは、出逢いの縁から起業され、明年は関東圏の大学から受注を決めてる清水社長がドカ日記で語ってくれるだろう。

また、温厚ながら企業家精神に富んでるトノさんも「ココロのトノよ」で語っていただけることと思う。

今回、「リスクヘッジ3部作」を、マインドマップ編・リスクヘッジ概論と本日の実践編を行ったのには理由があってのこと。

知り得ていないモノがあれば、身につける。その上で、各自何が足りて何が取らないのかを学び、さらに、そういう状態でいることが一体どれだけのリスクをはらんでいながら、何か事が起きれば「何か(誰か)のセイ」にしてしまう生き方からの脱却をはかり、もつべき相談窓口(メンター)如何で、各々の思い描く人生絵巻が違ってくる。

違うだけならまだしも、生き抜く中で、要所要所の「肝」なるボタンを押し間違えれば、2度と目の前に描く地図は別物(別人)となることなどを短時間の中から学ばれたことと。

ッエ!そういう意味だったんだ。

ハイ!そうです。と、あっさり答えてたりする。

ともあれ、ご参加された方々におかれては、善き出逢いの年となりました。明年も健康で無事故で、最高に自分らしい「年」なる地図を描かれることを切に願います。

「Xmasには気をつけろ!」

「毎日がXmasであるように!」

とどめは、

「自分の好きな日を、Xmasに!」(大爆)。。。

最後に、「クリスマス・カード A Christmas Cardに寄せて」と佐藤さんの賢文をご紹介します。

PS、
座卓でおしぼりに両手を置き、一気に綴っての更新なので、他意もなく、あくまで思いを率直にしたのだが、周りは喧噪としているんで、冷や奴とそばを食し、これから帰宅の途に。お疲れ様でした。<(_ _)>

Pocket

本年最後のセミナー、” に対して 4 件のコメントがあります

  1. 佐藤節夫 より:

    おはよう御座います。
    隻手の声(佐藤節夫)をいつも読んで下さって、深謝致します。
    私も読んでますよ。確かに「何か(誰か)のセイ」にしてしまえば簡単ですよね。それからの脱却ですね。
    片田舎から発信でした。佐藤節夫

  2. 全てを書けないのが残念ですが…

    俺が死んだらどうする?
    いや、俺が死ぬ時、
    何をして
    あげられるんだろう…
    その想いをここに
    書いていいものか
    非常に迷いますが、
    書きます。
    昨日も堀家拓夫先生の
    クローズドセミナーを受講してきました。
    少々おくれたのですが、
    録画用ビデオカメ…

  3. 青っち より:

    隻手の声-佐藤節夫さまへ
    こんばんは、青っちです。
    いつも、あたたかく且つ、佐藤さん「らしさ」を送っていた
    だき、誠に有り難うございます。
    >確かに「何か(誰か)のセイ」にしてしまえば簡単です
    >よね。それからの脱却ですね。
    話す方にしてみれば、根底となる主旨が当然あります。その
    主旨にドンピシャ射止めてくださってる佐藤さんの存在は、
    とても嬉しい以上なものであります。
    喧噪な事件が矢継ぎ早に報道される中、本格的な冬将軍が弥
    々到来のようです。どうか呉々もお身体を大切にされ、これ
    からも、楽しくも価値ある賢文に出会わせて下さい。<(_ _)>
    都心の方から、片田舎と言われてる都内の地より(笑)

  4. 知らなかった「リスクヘッジ」(2)

    今日は、堀家先生のセミナーを渋谷で再度受講いたしました。(前回は間違えて「堀塚先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です