いい刺激って、

「なんか気になる記事でもあった?」、一点を凝視してる長男へ朝から声を掛けた。「新聞記事って、こうもかしこまって書かれると、何だか妙に納得。けど、みんな知ってることだよ!」と甲高い声が戻ってきた。ヾ(ー ー )ォィォィ「ナニナニ!」と次男までもが記事に参戦。

調査のため毎月新聞をストックしているのだが、特定のキーワードでとか云えば格好もつくのだろうが、その日その瞬間に「読み出逢った記事」とくるから、ストックは意外に大変。(笑)

名探偵コナンDVDシリーズ(近日発売 予約可能)←楽しめます!

日本テレビ系の人気アニメ「名探偵コナン」が、1月で放映10周年を迎えた。平均視聴率は10%台後半、4月には映画版第10作を公開、発売中の原作マンガは51巻までで累計1億分突破と、快進撃が続く。

「推進ものはアニメに不向きと思っていた。ここまで盛り上がったのはスタッフの頑張りのおかげ」と原作者の青山剛昌は話す。高校生探偵・工藤新一は、正体不明の「黒の組織」は毒を飲まされ子供の体に。彼は江戸川コナンと名乗り、幼なじみの蘭らと共に数々の難事件を解決しながら、「黒の組織」を追う。

小学館「週刊少年サンデー」での連載開始から1年ほどで、アニメ化の話が来た。「会話や説明ばかり多くて、人もたくさん殺される。こんなマンガをアニメにするなんて、何言ってるの?と思った」と青山。

大学生の時アニメーターを志していたほどのアニメ好き。映画では原作にも参加する。アニメ版「コナン」への思い入れは深い。「自分がサラッと描いた原作が、アニメで、凝った絵とメリハリのきいた演出でいい作品になっていると、『おれも頑張らなきゃ』と刺激になる。

逆に、力を入れて描いた話なのになあ、と思う回もあったりしますが」9日に放映された10周年スペシャルは、宿敵「黒の組織」とコナン攻防を描いた。エピソードを重ね、両者の距離はかなり縮まってきた。

直接対決、そして完結日は近い?「今何回目に当たるのかは、秘密です。実は、ボスの名前はすでに原作のどこかに出ている。捜してみて下さい」ドジな中年探偵・毛利小五郎役のベテラン神谷明ら、声優陣の安定した演技がアニメの大きな魅力。

「ぼくのイメージにぴったり」と青山が言うコナン役の声優高山みなみは、妻でもある。昨年5月に結婚した。「話作りに詰まって『こんなときコナンなら何て言うかなあ』と聞くと、『こんな感じじゃない?』って答えてくれる。

家にコナンがいて助かるなあと感じる時です。反対に、仕事が片付いてマンガのことを忘れたいのに、コナンの声が…という時もありますけどね」。-アニメ・原作「いい刺激」日テレ「名探偵コナン」10周年-(朝日新聞1月13日付より)

これらの記事群に出逢えば出逢うほど、「知っている」という領域から随分と深掘りされる事象に嬉しさを覚えずにはいられない。(^^)v

NET環境が取りまく中、活字媒体において、最も身近な「新聞記事」を用いて、子供等と『いい刺激』合いは、清々しく快適感溢れる。

深夜から「雪」とのこと。朝方にかけて大事にならなければいいのだが。朝が早いこともあり、早々と今夜は床につこうと。湯たんぽ代わりの次男を奪い合うためにも今から作戦開始かな!(#^.^#)

Pocket