焦らず、急げ!、

大切な3社会談が予定通り開催。実務者レベルといっても、そこは全てTOPの方が出席とあって、極度な緊張が大きな子供を襲う。事前準備(当日までの緻密な打ち合わせが、程良い気持ちにさせていただく)のおかげで第一回目にしては上出来だろう!(#^.^#)

しかし、清瀬の代表との出逢いは大変嬉しい。夜が来れば朝に、冬が来れば春の如し、まったく方程式の通りだ。満を持したという表現では仲々言い表せない状況。

でもねぇ!「ラブレター」が効いたのは確かだった!(笑)

完全クローズでのプロジェクトゆえ、楽しいことばかりではすまされない。何せ、一石三鳥を狙っては動いているだけに、見守る側はただただ凄まじい。

そうそう、

クラス替えについてのコメントなるメールをいただいております。実は、このココログNiftyのシステム問題で3つの記事が不明となったことがあり、今となっては幻の3部作(クラス替え・前夜、当日、翌日)となっている。

さらに、通常通り、直ぐに書けばいいのだが、これが結構重たい内容なだけに正直辛い。なので、当分この手の話題は触れずにすめばと思っている。

そこを考えるなら、青っち自身の幼稚園(2年間)+小学校(6年間)=不動の8年間は、今なお語り継がれている。先日、この話題が茶の間で登場した時は、正に笑いのルツボ。大きな子供だけが、『完全スルー』するあたりまだまだ若い。┐( ー ー)┌ヤレヤレ

BLOGを更新前、即興勉強会が深夜帯から始まる。否定的肯定を地で行くところを真っ向からへし折る。分かってるようで実はその自分自身ですら理解できていない、妙な「プライド」や「我」を葬り去って貰うことに注力。

真新しい「スポンジ」で、どんなモノをも吸収してこそ成長する方程式であり、何より自分自身にとって、一番ベストなココロの状態で、物事を見ていき向かっていける。よりよい価値である。

謙虚にも、学び求め、勉強し続けるところに、目標としている各々の通過点をベストタイムで走破できる。自信を持って、弛まぬココロと目的意識を享受してこそ、心技体へと派生するのだから。

焦らず急げ

この究極の時間空間の中で織り成す「人生絵巻」を、今日よりも明日へとの思いを込め、一緒に荘厳に構築していこう!

Pocket