生き方って、

数カ月前からご参加下さっている方が、この度新しくPCメンテを併行にしながら晴れて「新・スカイプフォン」を購入して下さったおかげで朝からのMTが見違えるほど充実。NTTのひかり電話は恐らく今後も導入予定はないかと。最低限のマーケティングは行ってほしいもの。先行するIP電話とスカイプを独自に組み合わせた仕様は絶好調!(^_^)v尚、スカイプを実に分かりやすく説明をされてる一人者に「ひかる」さんがおられます。「公式サイトBLOG」は必見です!

かねてより、女性が家庭であれ、社会で生きていく上で、と少々仰々しいタイトルだが、語れる機会を作っては取り組んでいる。その上で支援できる場合は惜しみなくサポートも買って出ている。

日本綜合地所の「”少子化対策推進企業”宣言 従業員向け「育児支援制度」拡充およびお客様向け「子育て応援プラン」導入」の取り組みについて、終始活発な意見が発表された。

今日は、パートナー企業先のスタッフさん等数名と、この「生き方」についてご自身等が率先してMTを行っていたようだ。「待ち人」から『考え動く人』への変遷の効果は社長共々嬉しいものです。

要約して次のようなことが今回の結果となる。

女性はどういう家庭をつくろうとしているのか?我々女性は、仕事や地域社会(保育園および学校行事も含め)を通して『何』に貢献し、どう「成長」しようとしているのか?それが、明確であるほど、迷いがなく、現実の生活に勢いが出るというもの。

勢いが出れば、こっちのもの!なぜなら、『リズム』がついてくるのだから。リズムに乗れば、自分らしい『楽しみ』も見いだせる。自分なりの工夫も生まれるし、何より「健康」にもいい!(#^.^#)

また、良く「笑顔満面」とか「ひまわりのような笑顔」などと良く「笑顔」が大切であると云われることに対しては、

英国人がよく「スイート・ホーム」と言われるが、それも一家の太陽である「主婦の笑顔」あってのこと。笑顔の女性には「進歩」があり、色鮮やかなココロの四季がある

笑顔は言わば、ふくよかに香る「ココロの花」ではないだろうか?また、互いをあたたかく結ぶ、開かれた『ココロの扉』であり且つ、『ココロの窓』でもある。

扉の閉まった家には入りようがなく、日が差す窓のない部屋は、まるで独房そのものじゃないだろうか。総体した意味で、「笑顔」は、幸福の結果と言うよりかは、むしろ「原因」であるとも云えないだろうか。

(…)内容が濃いため、この辺で留めることにします。

青っちは思う。教養と品格ある女性であってほしい!また、知性と優しさの両面を兼ね備える女性はまぎれもなく美しい。家庭や職場環境に地域社会のど真ん中において、周囲も信頼し、何より「安心」することができる。

「知(=智)」の世界に止まりはなく、求め・進んでいく中、まちがいなく豊かに広がっていくことを認識していきたい。

Pocket