ご挨拶
本年、弊社のテーマは「具現化」
青っち個人のテーマは「より分かりやすくカタチにする」
 
そして全てにおいて「一は万が母(何事も一から始まる)」を掲げ、「今とこれからをどう生きるか!」
 
更には、1人でも多くの方々に貢献できるよう全力で取り組んで参ります。
2018年も満面な笑みが溢れ、出<逢>いから出<値>いとなるご縁を育ませていただきながら「報恩感謝」の年に致します。
 
青年(あおと)な気概で着実に栄え合え光る年に!
 
引き続きご芳情を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
 
育児は育自の社長日記である”青っちの『わ』”は、子どもの話題・視線からのアプローチを行うことを心掛けながら、まず自身が変われば環境が変わること!
知識よりも智慧が大事なこと!を、ビジネスの交通整理人®である堀家拓夫こと青っちが綴る日記です。
 
企業経営者さまには、右腕となる企業参謀として、とりわけ経営戦略の数値化できない悩みや社内外への諸問題に対し、メディエーターの技法(ビジネス分野では国内・唯一1人)と、実現場で正しく必要な運用が求められるBCP(事業継続計画)を取り入れ、ご一緒に歩むことを訴求推進し、「信頼と安心」を皆さまにご提供し続けて参ります。

■目指しているもの

 「企業=従業員=その家族と地域社会=取引先」の潤滑油に!

■4+1の指針

一、 人のため、社会のために生きる
一、 すべての人に誠実に
一、 信念は一生涯貫き通す
一、 勝つことよりも負けないこと

私どもは、経営者の数値化できない心の根っこの本音を引き出し、社内外へ戦略プロデュースを行う「ビジネスの交通整理人® 」です。
お客様の傍で同じ方向を目指し、負けない企業経営への変化を強力にバックアップ致します。

経営コンサルタントでは「ありません」

ということを強調するために以前は「ビジネスプロデューサー」として活動をしておりました。
しかし、より私どもの提供するサービスをご理解いただくために「ビジネスの交通整理人® 」という商標を取得し、業務を遂行しています。

ビジネスの交通整理人®

役割とすれば、経営者の数値化できない悩みを引き出し、経営改善・事業再生の方法策定・経営資源の調達・マネジメント支援を行うことにより、お客様の経営範囲を拡大することにあります。

それを実現するために、私どもは目に見えない経営者の心の根っこの本音を引き出し、相対する立場の者を同じテーブルにつかせ、建設的な話し合いの場を作るメディエーターの機能が求められると考えています。

また、コミットした業務に対してアドバイスを行いながら、他企業なども巻き込み、プラスアルファの効果や結果を生み出すビジネスプロデューサーとしての役割を担うことも同様に必要です。

このように、テレビで云うところのプロデューサーとしての役割と、大手シンクタンク機能とを併せもちながら、常にお客様の「傍」にいる姿勢を貫くことで、負けない企業経営を実現するブレーンとして、真摯に向き合ってまいります。

企業の経営戦略や価値向上を考えたとき、企業が企業であり続けるためにはBCP(事業継続計画)の視点が欠かせませんが、その企業を支える従業員、またその従業員を支える家庭の安心と安全が守られていなければ、事業継承は絵に描いた餅でしかありません。

私どもは、単なる災害予防や内部統制のためにBCPを策定するのではなく、あらゆるリスクに対して、最低限の防御を行わなければならない!という「BCP思考」の視点から、利益ビジネスの軌道と派生を強くご提案し続けております。

「マイナスからイチへと引き上げる逆転の発想の転換」を行うことで、真の企業価値向上が可能になるのです。

■BCP基本情報

BCP(事業継続計画)策定会社 http://ao.1sp.jp/bcpindex
BCPガイド(中小企業庁) http://ao.1sp.jp/bcpnavi